【作製記♯2】モンモデル 1/9 「BMW HP4 RACE(多色成型版)」

みなさんこんにちは、プー氏( @kuribloger)です。

 

前回に引き続き、塗装&接着が不要なプラモモンモデル 1/9 BMW HP4 RACE」の作製をしていきます。

合わせて読みたい

みなさんこんにちは、プー氏( [wp-svg-icons icon="twitter" wrap="i"] @kuribloger)です。   僕はいつも、タミヤ製のスケールモデルを主に作製しています。 […]

 

そして作製期は今回が最終回!

完成まで一気に組み上げていきます。

また、最後にこのキットの感想注意点もお伝えしたいと思います。

プー氏
完成後の写真も多数のせているので、お楽しみに!

 

モンモデル 1/9 「BMW HP4 RACE」作製の続き

フロントタイヤ周りの組み立て

フロントのブレーキディスクも、リア同様エッチングパーツです。

金属製で薄くエッジの効いた仕上がりで、とてもリアル!

さらに、なんとフロントフォークはスプリングを仕込む作りになっており、実車同様伸縮します。

この仕組みは、タミヤやアオシマの1/12スケールにはないので、ちょっと驚きです!

サイズの大きい1/9スケールならではですね。

 

フォークを2本作って、

ホイールを挟み込めば、フロントタイヤの完成です。

 

フロントタイヤを前回組み立てたフレームへ取り付け、ケーブルを配線すると、

 

一気にバイクらしくなってきました!!

完成に向けてテンションが上がりますね。

 

カウルのウレタンクリア塗装

残るはカウルパーツを取り付けていくだけなんですが、ここでちょっと一手間加。

 

このキットには唯一不満点があります。

それは、、、

カウルパーツのツヤ感が足りないこと!

例えば、このアンダーカウルは実車ではテカテカのカーボンパーツなんです。

が、キットではマットな仕上がりになっちゃってますね。。。

 

そこで、いつものお手軽ウレタンクリア塗装を施します!

合わせて読みたい

みなさんこんにちは、プー氏( [wp-svg-icons icon="twitter" wrap="i"] @kuribloger)です。   車やバイクのスケールモデルを作るなら、ボディの表面を実車のようにツ[…]

⬇️

ちょっと分かりにくいですが、

光が反射するほどテカテカになっております!

スケールモデルはボディのツヤ感が命。

ツヤが足りないと、プラスチックっぽさが出て一気にリアル感がなくなります。

プー氏
ここだけはやっぱり妥協できない!

 

タンク・シート・カウルの取り付け

専用ボックスにパッケージされているカウルパーツを取り出します。

※このパーツ達にもウレタン塗装しているので、キットそのままの状態とは異なります。

 

まずはヒューエルタンクとシートカウル部を組み立て、

ビスで車体に取り付け。

しっかりと固定されます。

ちなみに、シート部はプラスチックではなくゴムパーツでできています。

これも1/12スケールにはない魅力ですね〜

 

続いて、フロントカウルを組みまてます。

フロントカウルは5パーツ構成。

カウル裏側は、エナメルのフラットブラックで筆塗りしました。

created by Rinker
¥220 (2024/06/20 14:37:30時点 楽天市場調べ-詳細)

プー氏
イケメンやな

 

組み立てたフロントカウルを車体に取り付け。

 

残るはサイドカウルとアンダーカウルのみです。

サイドカウルは2パーツ構成。

両サイドに取り付けます。

サイドカウルはビスではなく、ダボ差し込みによる固定です。

 

最後に、アンダーカウルをビスで固定したら、

完成です!!!

 

モンモデル 1/9 「BMW HP4 RACE」完成

それでは、完成した「BMW HP4 RACE」の姿をじっくり見ていきましょう!

何これめちゃめちゃカッコいいよ…
このスタイリング、工業的な美しさすら感じます。
プー氏
眺めてるだけでご飯5杯いける!!

 

作製時間は約100時間

ウレタンクリア塗装しなければ、4日くらいで組めるかな〜という感覚です。

キットを組んでみた感想

組んでみての感想ですが、とても組みやすいキットだと思います。

 

パーツが全て塗装済みで、しかも接着剤不要。

ニッパーとカッターさえあれば、完成させることができます。

パーツの成型・合いも問題なく、しっかりと最後まで組み立てることができました。

何より、カーボンパーツの塗装は圧巻の一言です。

 

スケールモデルを初めてみたいという方や、普段の息抜きに時間をかけずに作りたいという方にお勧めできるキットです。

誰が作ってもクオリティの高い仕上がりを実現できる、というところが魅力ですね。

タミヤやアオシマからもこんなキット出して欲しい。

このキットの注意点

2点あります。

 

①完璧なクオリティを求める人には向きません。

パーツはランナー状態で塗装されているため、パーティングラインがそのまま残っています。

特に目立つところは、ヒューエルタンクのシルバーのパーツですね。

これを修正しようと思うと塗装し直しになるので、このキット最大のメリットが失われてしまいます。

 

また、カウルパーツのツヤ感は絶対的に足りてないです。

ボディの鏡面塗装が好きな方は、僕みたいにクリアを上塗りすることになるかなと思います。

 

②一部はめにくいパーツがある

パーツが塗装されている分厚みが増しており、はめ込むのがとても固いパーツが何個かありました。

接着しなくていいのは楽ですが、はめ込むのに力を入れすぎるとパーツ破損の危険があります。

はまりにくい場合は、潔くダボを切り取って接着しちゃった方が良いです。

 

上記が気になる方は、無塗装版も発売してるのでこちらを購入しましょう。

最後に

今回は、モンモデルの1/9 BMW HP4 RACEの組み立て記事♯2です。

 

塗装済みキットということで、作製になかなか時間を取れない中でも満足のいくクオリティで完成させることができました!

時間はかかりますが、これからもスケールモデルを作製していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

以上、プー氏( @kuribloger)でした。

ROOMバナー

 

現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元

コンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントがもらえます。

¥100から、¥1単位で好きな金額をチャージできます。簡単に予算管理でき、使いすぎないから安心。

最新情報をチェックしよう!