【2022国内モデル】ハイセンスの液晶TV 夏モデルでついにMini LEDと量子ドットを搭載!

みなさんこんにちは、プー氏( @kuribloger)です。

 

ついに、ハイセンスの液晶テレビ 2022年夏モデルが国内でついに発表されましたね!

 

以前、↓の記事にて、アメリカで発表された2022年モデルを紹介させていただきました。

関連記事

家電好きのみなさん、こんにちは。 プー氏( [wp-svg-icons icon="twitter" wrap="i"] @kuribloger)です。   "MiniLED"と"量子化ドットテクノロジー[…]

 

国内では、どのようなモデルが発表されたのでしょうか?

今回このブログにて紹介させていただきます!

プー氏
Mini LEDと量子ドットを搭載したモデルは発表されたのかな?

 

ハイセンス液晶TV 2022年夏モデルのラインナップ

発表されたモデルは、次の2モデル!

  • U9Hシリーズ
  • U7Hシリーズ

 

それぞれ、モデルの詳細を見ていきましょう。

 

U9Hシリーズのスペック

U9Hシリーズの主なスペックはこちらになります。

項目 スペック
映像 画面サイズ 75型/65型
液晶パネル 4K液晶
バックライト Mini LED/ローカルディミング Pro
量子ドットテクノロジー 搭載
HDR対応 HDR10/HLG/HDR10+/HDR10+Adaptive/Dolby Vision/Dolby Vision IQ
映像エンジン NEOエンジン Pro
倍速対応 120Hz
音質 音声最大出力 10W +10W +10W +10W +20W+5W
スピーカー構成 ツイーター×2/フルレンジ×2/サブウーファー×1/イネーブルドx2
高音質機能 シネマサラウンド、eilex PRISM、eilex FOCUS、ダイレクトサウンド、 DOLBY ATMOS
スマート機能 搭載VOD Netflix/Amazon Prime Video/ Disney+/Youtube/Abema TV/hulu/dTV/U-NEXT/RakutenTV/Paravi/DMM.com/SPOOX/NET.TV
低遅延ゲームモード ゲームモードPro
チューナー BS 4K/110度CS 4K:2/地上デジタル:3/BS・110度CSデジタル:3
入出力端子 HDMI入力端子 4
ARC対応 eARC/ARC対応(HDMI入力2のみ)
USB端子 2(USB2.0対応×1、USB3.0対応×1)

 

ついに、国内モデルでもMini LEDと量子ドットを搭載してきましたね!

 

アメリカで発表されたラインナップでは、U9Hが8K液晶、U8Hが4K液晶だったので、

国内で8Kモデルは発売されず、U8HをU9Hとして発売するシナリオみたいですね。

 

画面サイズが65型以上なので設置できる場所が限られますが、画質にこだわる方には最高の選択肢になりそうです。

 

U7Hシリーズのスペック

(標準設置料込_Aエリアのみ)テレビ 55型 55U7H ハイセンス 55型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ (別売USB HDD録画対応) Hisense U7H

U7Hシリーズの主なスペックはこちらになります。

項目 スペック
映像 画面サイズ 85型/75型/65型/55型/50型/43型
液晶パネル 4K液晶
バックライト 直下型LED
量子ドットテクノロジー 非搭載
HDR対応 HDR10/HLG/HDR10+/HDR10+Adaptive/Dolby Vision/Dolby Vision IQ
映像エンジン NEOエンジン Pro
倍速対応 120Hz
音質 音声最大出力 10W+10W+20W
スピーカー構成 フルレンジ×2/サブウーファー
高音質機能 シネマサラウンド、eilex PRISM、eilex FOCUS、ダイレクトサウンド、 DOLBY ATMOS
スマート機能 搭載VOD Netflix/Amazon Prime Video/ Disney+/Youtube/Abema TV/hulu/dTV/U-NEXT/RakutenTV/Paravi/DMM.com/SPOOX/NET.TV
低遅延ゲームモード ゲームモードPro
チューナー BS 4K/110度CS 4K:2/地上デジタル:3/BS・110度CSデジタル:3
入出力端子 HDMI入力端子 4
ARC対応 eARC/ARC対応(HDMI入力2のみ)
USB端子 2(USB2.0対応×1、USB3.0対応×1)

 

U9Hとのスペックの差は、バックライト、量子ドットの搭載有無、スピーカー構成になります。

こちらのモデルは、従来モデルから新しい技術は搭載されていないので、特に特筆すべきことはないかな~と思います。

 

直下型LEDモデルでありながらローカルディミング制御を搭載していないので、画質よりコスパを重視する方の選択肢になるモデルですね。

 

Mini LEDと量子ドットとは?

液晶テレビの画質を従来から1段階引き上げる、最新の映像高画質化技術になります。

その技術の詳細を、↓の記事で解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

合わせて読みたい

家電好きのみなさん、こんにちは! プー氏( [wp-svg-icons icon="twitter" wrap="i"] @kuribloger)です。 今回このブログで紹介するのは、液晶テレビの最新高画質化技術について[…]

 

Mini LEDによる次元の異なる細かいエリア分割によって、液晶TVが苦手とする黒がどれだけ沈み込むかが見ものですね!

 

気になるU9H、U7Hの価格は?

まだ発売前でこれから下落する可能性がありますが、現時点でのネットの最安価格の紹介します。

  • 75型:¥313,200
  • 65型:223,200

既に発売済みで65型で類似スペックのシャープ「AQUOS XLED 4T-C65DP1」が、ネット最安価格 ¥275,000となっています。

それと比較すると、選択肢に入れたくなる価格帯ではないでしょうか?

プー氏
Mini LEDと量子ドットが現実的に狙える価格まで降りてきた!

 

  • 75型:¥223,201
  • 65型:¥160,200
  • 55型:¥124,200
  • 50型:¥99,000

こちらはコスパ重視の価格設定になっていますね。

コスパ重視といえど、レグザの映像技術がふんだんに織り込まれているので、画質と品質は折り紙付きです。

 

ハイセンスの液晶テレビ 2022年夏モデル まとめ

本記事は、「ハイセンスの液晶TV 2022年夏モデル」を紹介する記事です。

 

ハイセンスでもついに搭載されたMini LED量子ドットテクノロジー

その技術を低価格帯で手に入れられる日がやってきました。

U9Hを設置できるスペースがあるのであれば、ぜひとも購入の選択肢に入れるべきモデルと言えます。

プー氏
発売されて価格がこなれてきたら。。。
ホスィ。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

以上、プー氏( @kuribloger)でした。

 

ROOMバナー

 

現金チャージで最大2.5%のAmazonポイント還元

コンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントがもらえます。

¥100から、¥1単位で好きな金額をチャージできます。簡単に予算管理でき、使いすぎないから安心。

最新情報をチェックしよう!